孤独はなぜ精神を蝕むのか?『ハンナ・アレント』【講談社現代新書100】

オススメ度:★★★☆☆

存在も見方も多様でありながら、誰もが常に同一の対象に関わっているという事実こそがリアリティを保証するのである。(p.76)

牧野雅彦『ハンナ・アレント 全体主義という悪夢』

著者:牧野雅彦(1955~)

神奈川県生れ。広島大学大学院社会科学研究科教授。京都大学法学部卒業後、名古屋大学大学院法学研究科修士課程修了。

 

感想

「現代新書100」というレーベルが、講談社より創刊された。通常の新書が200ページ強であるのに対し、「現代新書100」は100ページを基本とし、より手軽に楽しめるようになっている。

「新書の権威が落ちた」という意見も見られたが、本が売れない時代に門戸を広く開けておくことは良いことだと思った。

 

共通世界

人間の活動は、「労働」「仕事」「行為」に分けられる。生産と消費を行う「労働」、自然の素材に手を加えて具体的なものを製作する「仕事」、そして人間同士で行われるのが「行為」である。「行為」によって人は他者との間に網の目のような関係=共通世界を作り出す。その「共通世界」のなかで「行為」は行われ、また「共通世界」は存続していく。

人は共通世界のなかで統合された他者の目線を理解し、「共通感覚」を獲得する。共通感覚はそのままその人の倫理となる。

全体主義はその共通世界を破壊し、人々の判断力を奪う。共通世界を破壊された後、人々が拠り所にするのは論理である。ヒトラーは「人種の優劣」を、スターリンは「階級闘争」の論理を持ち出し利用した。

 

リアリティ

面白いと感じたのが、リアリティとは何かについてかかれた部分である。

リアリティを保証するものは、世界の構成員が対象を同一的な見方をすることではない。存在も見方も多様でありながら、誰もが常に同一の対象に関わっているという事実こそがリアリティを保証するのである。(p.76)

どれだけ自分が本物だと感じていても、他の人からの評価がなければリアリティを保ち続けることはできない。例えば、自分だけに見えていて他の人に見えないものがあるならば、いずれそのものが実在することに対する自信を失っていってしまうだろう。

自分の生きている世界にリアリティを感じるためには他者の評価が必要不可欠であり、これがなければ自分の世界だけでなく、自分自身の存在そのものに対してもリアリティを失っていってしまう。そういう意味でやはり人間は社会的な動物なのだろう。

孤独が精神を蝕んでいくのも、このあたりに答えがあるのではないかと感じた。

 

【感想】劇団四季『美女と野獣』を見てきた【ネタバレ無し】

f:id:K_ArtforB:20221104143834j:image

劇団四季で演じられているディズニー作品と聞いて、みなさんは何を思い浮かべられるだろうか。

超ロングラン上演でCMもよく流れている『ライオン・キング』や、上演が決まってからたびたび話題に上がっている『アナと雪の女王』を思い浮かべる方が多いのではないだろうか。

 

数多くのディズニー作品が演じられてきた劇団四季だが、最初に持ち込まれたディズニー作品は実は『美女と野獣』である。1995年に初めて上演されて以降、しばしば間を挟みながらこれまで演じられてきた。

そして2017年の京都公演で千秋楽を迎えて以降、5年ぶりに舞浜公演として再スタートした。

 

私は『美女と野獣』がディズニー映画の中で最も好きな作品で、今回の公演も心より楽しみにしてきた。『美女と野獣』を観るために四季の会(劇団四季の有料会員)に入ったと聞けばその熱量が伝わるだろう。

私が観に行ったのは舞浜公演が始まって初めての土曜日ということもあり、大変賑わっていた。グッズショップもはじめ空いていたが、私が退店するころには外まで列ができていた。

 

率直に感想を言えば「トータルでは良かった」というのが正直な感想である。期待を大きく上回った部分もあれば、個人的に少し気になったところもあった。

 

期待値を大きく上回り印象に残ったのは、出演者の圧倒的な歌唱力である。特に主演のベルとポット夫人の声は素晴らしく、話し声でさえ感動させられた。

兎にも角にも声が美しい。この二人が声を出そうとするだけでワクワクさせられ、それだけでも観にきた甲斐があったと感じた。

ポット夫人による主題歌は圧巻で、「口から音源」という言葉がぴったりであった。本当に映画の中にいるような気分だった。

 

一方で少し気になった点は、一部の背景と舞台装置である。前からの公園のものを継続して使っているのかもしれないが、演者たちの歌唱力に対し迫力がやや物足りないなと感じた。

とりわけ背景の方はハリボテ感が否めない箇所があったので、どこかでグレードアップするタイミングがあればいいなと思った。

 

結局良いのか悪いのか分からない感想になってしまったが、控えめに言って良かったことは間違いない。

まだ2回は観に行く予定があるので、アドリブ部分や他の演者との違いが楽しみだ。

 

 

『生きがいについて』

人生を豊かにし、ハリを与えるものの正体は何なのであろうか。経済的・物質的な豊かさは幸福に直結するのであろうか。

人類に共通するこの問題のヒントとして、この本では「生きがい」を挙げている。

 

p.9 同じ条件のなかにいてもあるひとは生きがいが感じられなくて悩み、あるひとは生きるよろこびにあふれている。

*『夜と霧』でも収容所で絶望するものと、英雄的なものがいた。

 

p.11 生きがいの重要性

わざわざ研究などしなくても、はじめからいえることは、人間がいきいきと生きて行くために、生きがいほど必要なものはない、という事実である。それゆえに人間から生きがいをうばうほど残酷なことはなく、人間に生きがいをあたえるほど大きな愛はない。

 

p.16 生きがいとは何か

なんといっても生きがいについていちばん正直なものは感情であろう。もし心のなかにすべてを圧倒するような、強い、いきいきとしたよろこびが「腹の底から」、すなわち存在の根底から湧きあがったとしたら、これこそ生きがい感の最もそぼくな形のものと考えてよかろう。

 

p.20 子供はみな「生きがい感」をもつ

しかし子供にとっては「あそび」こそ全人格的な活動であり、真の仕事、すなわち天職なのであるから、そこで味わうよろこびこそ子供の最大の生きがい感であろう。

 

p.24 充実した時間の感覚

あまりにもするすると過ぎてしまう時間は、意識にほとんど跡をのこさないからである。...したがって生きるのに努力を要する時間、生きるのが苦しい時間のほうがかえって生存充実感を強めることが少なくない。ただしその際、時間は未来にむかって開かれていなくてはならない。いいかえれば、ひとは自分が何かにむかって前進していると感じられるときにのみ、その努力や苦しみをも目標への道程として、生命の発展の感じとしてうけとめるのである。

 

p.25 どのような構造の中に生きるか

人間はべつに誰からたのまれなくても、いわば自分の好きで、いろいろな目標を立てるが、ほんとうをいうと、その目標が到達されるかどうかは真の問題ではないのではないか。ただそういう生の構造のなかで歩いていることそのことが必要なのではないだろうか。その証拠には一つの目標が到達されてしまうと、無目的の空虚さを恐れるかのように、大急ぎで次の目標を立てる。結局、ひとは無限のかなたにある目標を追っているのだともいえよう。

*自分が勉強の目標を立て続けてきたのはそういうことだったのか

 

p.40 ごまかし

自己に対するごまかしこそ生きがいに感を何よりも損なうものである。

*自助論でも、自分の心の目についての記述があった。

 

p.64 承認欲求

他人に存在をうけ入れてもらう性質のもので和なくては、生きがい感はうまれにくいであろう

*人生の目的論で社会性を重視していたことと同じ

 

p.65 リボー

ひとは自分が世話になったひとよりも世話してやったひとのほうをこころよく思う

*その通り

 

p.

たとえ宿命的と形容されるような苦境にあっても、いっさいを放り出してしまおうか。放り出そうと思えば放り出すこともできるのだ。放り出して自殺やその他の逃げ道をえらぶこともできるのだ。そういう可能性を真剣に考えた上でその「宿命的」な状況をうけ入れることに決めたのならば、それはすでに単なる宿命でもなく、あきらめでもない。一つの選択なのである。そこにはもうぐちの余地はない。そしてぐちこそ生きがい感の最大の敵である。

*夜と霧と本質的には同じこと。今の自分の環境はいかなる事情によるものであれ、究極的には自分で選択したものであり、そこに不平不満を垂れることは人生にいっさいの効用をもたらさない。

 

p.152 悲しみとの融和

悲しみを受け入れるためには、まず「あるがまま」を受け入れ悲しみを客観視し、その上で目標を設置し未来志向に生きる必要がある

*あるがままを受け入れる→実存的に生きるということ

 

 

f:id:K_ArtforB:20220915125721j:image

『白雪姫』

オススメ度:★★★★★

バラのように赤い唇、つややかな黒髪、その肌は雪の白さです

 

『白雪姫』

f:id:K_ArtforB:20220914010335j:image

 

あらすじ

ある国に自分が最も美しくなければ許せない女王がいた。女王は「魔法の鏡」に誰が一番美しいか問い、"それはあなたです"と言われることに満足していた。

しかしある日、「魔法の鏡」は"女王より美しい若い娘がいる"と言った。それは娘の白雪姫であった。激昂した女王は狩人に命じ白雪姫を殺そうとするが、狩人は白雪姫を殺すことができず、代わりに森の奥に逃がす。

白雪姫は森の動物たちに導かれ、小人の住む家を見つける。白雪姫はそこで幸せな時間を過ごすが、白雪姫がまだ生きていることを知った女王は醜い老婆の姿に化け、再び白雪姫を殺しにやってくる。

 

感想

子どもの頃、高い熱を出すと決まって見る怖い夢があった。真っ暗で狭いトンネルを抜けると、その先に怖い顔をした木のお化けが、道の脇に並んでこちらを睨んでいる。身体は台車のようなものに固定され、逃げることも出来ずひたすら怖い木の間を進み続ける。最後は恐怖に耐えきれなくなり気絶すると、汗をびっしょりとかいた現実で目を覚ます。

のちにこのシーンは映画『白雪姫』と、ディズニーのアトラクション『白雪姫と七人のこびと』の記憶が混ざってできていることが分かった。

 

白雪姫が狩人に追いまくられて森の中へ逃げるシーンは、今見てもかなり怖い。

白雪姫は恐怖から、暗い森の中で木々や動物が怪物に見えてしまいパニックに陥る。パニックになったことで更に更に空目する。最後は恐怖のあまり気を失ってしまう。

 

この森に対するイメージはドイツの森のイメージからきていると思われる。ドイツには「黒い森」を意味する、シュヴァルツヴァルトという大きな森がある。その名の通り密集する木々により森は黒く見え、中世のドイツ人たちはこの森に畏怖してきた。

こうした森のイメージはドイツ人の創作物にも影響を与えてきた。『赤ずきん』や『ヘンゼルとグレーテル』といったグリム童話でもそのイメージが確認できる。

『白雪姫』も原作はグリム童話であり、同様の森のイメージを継承していると考えられる。

ディズニーの森の描写がうますぎるので、小さい頃の自分がトラウマになったのも無理がないなと思う。

 

さて私がこの映画で最も衝撃を受けた点は、魔女の嫉妬の描き方である。

魔女は自分より娘の方が美しいと分かると、狩人に命じて娘を殺そうとする。それが失敗に終わると、今度は自らが醜い老婆の姿に変身し殺害を目論む。

自らが一番美しい存在になると言う目的のために白雪姫の殺害(手段)を企てたにも関わらず、手段を達成するために目的を見失ってしまっている。強い執着が人を盲目にする様がありありと描かれているところが最も印象的であった。

 

地上無し!東京駅から直通でコメダ珈琲へ行く最短ルート

コメダが好きだ!!

 

私はコメダが好きだ。

ふかふかの赤いソファ、巨大なエビカツサンド、癒しのジェリコ、そして謎の豆菓子、なぞのランプ。どれもが特別な空間を作り出す大事なファクターとなっている。

そんな素晴らしきコメダ珈琲だが、残念なことに私の一番利用する駅である東京駅には店舗が存在しない。

f:id:K_ArtforB:20220911010700p:image

写真の通り、近いところで京橋か有楽町になってしまっている。

ちなみに同じ範囲にスターバックスはこれくらいある。

f:id:K_ArtforB:20220911010754p:image

ここまでくると、常にスタバが視界に入っている状態である。よくもまあこんなにあって共食いを起こさないなあと感心する。

 

話を戻す。コメダ珈琲ファンの私はこれまで、東京駅から有楽町か京橋まで歩いて行っていた。しかし最近、地上を通らなくても東京駅から直通で有楽町コメダまで行けることに気がついた。

大した話題ではないが、せっかく雨の日も濡れること無くコメダ珈琲まで辿り着けるルートを見つけたので、自分はのメモも兼ねてここに記しておく。ちなみに所要時間は10〜15分だ。

 

東京駅からコメダ珈琲 有楽町ビックカメラ店へ行く方法

①まず京葉線側にある「京葉地下丸の内口」改札を出る。

f:id:K_ArtforB:20220911011244j:image

京葉線ユーザー以外の方は「丸の内南口」から出た後、商業施設KITTEの下の方を目指すとたどり着ける。

 

②左手に進み、東京国際フォーラムのエスカレーターを上がる

f:id:K_ArtforB:20220911011934j:image

 

③上がったら右手(ABCDhall)に進む

f:id:K_ArtforB:20220911012110j:image

 

④突き当たりを左に曲がる。

f:id:K_ArtforB:20220911012257j:image

 

⑤ひたすら真っ直ぐ進み、ファミマとプラントが見えたら正解。奥の階段を下る。


f:id:K_ArtforB:20220911012402j:image

f:id:K_ArtforB:20220911012422j:image


⑥有楽町駅の地下に出るので、やや右前に進む。

ビックカメラの入り口の右あたりにコメダ珈琲の入口がある。


f:id:K_ArtforB:20220911012927j:image

f:id:K_ArtforB:20220911012950j:image

 

有楽町ビックカメラ店のコメダ珈琲は接客レベルも最高なのでとてもオススメだ。ホスピタリティがあり、客にゆっくりして行って欲しいという気持ちが伝わってくる。

この記事で少しでもこの店舗のお客さんが増えたら嬉しい。

 

『リトル・マーメイド』【感想・あらすじ】

オススメ度:★★★★★

橋を渡るには通行料!

 

『リトル・マーメイド』

 

あらすじ

海の王トリトンの末娘として生まれたアリエル。素晴らしい歌声を持つ彼女は好奇心が旺盛で、周りの目を盗んではフランダーと人間の作ったものをコレクションしていた。

ある日、アリエルは航海中の人間の王子エリックを見つけ、一目で恋に落ちる。その後船は嵐に飲まれ、アリエルはエリックを助ける。エリックは朦朧とする意識の中アリエルの歌声を聞き、その歌声に恋に落ちる。

どうしても再びエリックに会いたいアリエルは、海の魔女アースラと契約し、足を手に入れる代わりに声を差し出してしまう。さらに3日以内にエリックとキスすることができなければ、アリエルのすべてがアースラのものになってしまう。

セバスチャンの協力などもあり順調にエリックと仲を近づけていったアリエルであったが、アースラの妨害によりピンチに陥っていき...

 

感想

ディズニーは大好きなのでだいぶ映画も見ているが、なぜか『リトル・マーメイド』は見ていなかった。おそらく物語の大筋や曲を知っているために、勝手に見たつもりになっていた。たまたまアースラの曲について調べている時に未視聴であることに気がついたので、今更ながらこの度見てみた。

 

そして視聴してすぐに後悔した。なぜ『リトル・マーメイド』を今まで見てこなかったのかと。

キャラクター、ストーリー、音楽、ユーモアとどれをとっても素晴らしい。さすがは90年台の「ディズニー・ルネサンス」を象徴する名作である。

 

特に良かった点が設定である。「王子がアリエルの歌声に恋をし、アリエルが人間になる代償が声という設定」がとにかく秀逸で素晴らしい。

「耽美と不幸の象徴として扱われる人魚の歌声」を変にこねくり回すこと無くディズニーの物語へと昇華させている。

 

またアリエルの衣装が多いのも魅力の一つである。他の多くのプリンセス作品では、プリンセスの衣装はオンとオフの2種類で描かれることが多い。

アリエルはもともと人魚のため衣装を持っていない(ヒレをカウントするかは置いておく)ため、陸上では様々なドレスを着ている。ピンク、ブルー、そしてウェンディングドレスとどれも素晴らしく似合っている。

 

『リトル・マーメイド』は劇団四季でも公演され、さらに2023年には実写版も公開される。どちらも見られる日がくるのが楽しみだ。

 

小ネタ兼メモ

□ジャンピングジェリーフィッシュは花火のこと

□歌の中で「20個もある」といったのはワインオープナー

 

 

 

9月平日のウォータースライダーの待ち時間【ハワイアンズ】

テーマパークや遊園地で問題になるのが、その待ち時間である。みな考えることは同じなのか、休日になると同じところに行き、同じところで行列をつくる。

 

ハワイアンズも例に漏れず人気のスポットで、休日や夏休みには多くの人で賑わっている。大人気のウォータースライダーは夏休みには数十分〜2時間待ちということもあるそうだ。もちろん年中大行列というわけではなく、空いている時には空いている。

では9月の平日はどうだろうか。

今回は9月中旬に実際にハワイアンズに遊びに行き、それぞれのウォータースライダーの待ち時間を確認してきた。

 

ウォータースライダーの待ち時間

f:id:K_ArtforB:20220921174831j:image

 

かなり空いている

9月中旬のハワイアンズのウォータースライダーはかなり空いていた。どのウォータースライダーもほぼ待ち列無しで遊べ、また時間よりむしろそこまでの移動の方が多いくらいだった。

もちろん時間によって多少の変動はあったが、待ち時間が長いと感じることはなかった。

それぞれの待ち時間は以下の通りである。

マキナブラック 3分ほど
ラキリバー 待ち時間なし
カプアニフォール

3分ほど

ビックアロハ 待ち時間なし(2組ほど)

 

というわけで、ウォータースライダーを楽しみたいなら、9月の平日はオススメだ。

ちなみに4つのウォータースライダーが1日乗り放題の券は2,700円だった。これだけたっぷり乗れるなら十分お得な券だろう。