本と絵画とリベラルアーツ

本と絵画を通じて教養を身につけるブログ

【本の紹介】デイル・ドーテン『仕事は楽しいかね?』【あらすじ・要約】

オススメ度:★★☆☆☆ 

アメリカで大人気のコラムニストが書いたビジネスマン向けの自己啓発本です。いい事は書いてあるのですが、内容の薄さは否めなかったので★2にしました。

 

この本をオススメしたい人

・単調な仕事に辟易している人

 

デイル・ドーテン『仕事は楽しいかね?』

仕事は楽しいかね? (きこ書房)

仕事は楽しいかね? (きこ書房)

 

 著者:デイル・ドーテン

アリゾナ州立大学大学院卒。1980年リサーチ・リソーセスを創業し、全米トップレベルの企業に成長させる。現在は人気コラムニスト、セミナー講師としても活躍している。

 

あらすじ

吹雪で閉鎖された空港で、私は一人の老人と出会った。老人は矢継ぎ早に私にプライベートな質問し、適当に答えていると彼は「仕事は楽しいかね?」と聞いた。

 

私はつい自分のキャリアや仕事に関する愚痴を老人にぶちまけます。目を輝かせて話を聞くその老人は、実は有名な発明家であった。

 

私は老人との対話の中で、仕事をしていく上で本当に大切なものに気づかされていきます。

 

 

老人が伝えたかった事とは【要約】

老人が多くの例を挙げながら言わんとしていたのは、「完璧など存在しない」「絶えず試行錯誤を繰り返し、常に自分を更新していく事」です。

 

章題を見ていくと、

3. 試してみることに失敗はない
8.君たちの事業は、試してみた結果失敗に終わったんじゃない。試すこと自体が欠落していたんだ。 
14. きみが「試すこと」に喜びを見出してくれるといいな
と、一貫して試すことを重要視していることがわかります。あらゆる状況は改善する余地があり、常に試し変えていくことで現状を打破できるのです。

 

 

感想

ストーリー仕立てで読みやすく内容も分かりやすいのです。ただ、聞き手である「私」に気付かせようとやや周りくどい説明になっているので、全体的に冗長な印象を受けました。

言っていることはもっともで、読むのに時間もそんなにかからないので気になる人は一度読んでもいいかもしれません。

 

 

2019年11月の読書結果

みなさんは電子書籍を使っていますか。

私は最近Amazonのプライムリーディングを利用するようになりました。はじめは電子書籍に抵抗がありましたが、慣れてくるとちょっとした待ち時間にすぐ読めて便利です。(あれだけ種類があって追加料金無しは大きいですね…!)

 

『夢をかなえるゾウ』

著者:水野敬也 / オススメ度:★★★★☆

変わりたいと思っているだけで何も変わらない普通のサラリーマンが主人公(あなた)。すぐに楽したいと考えるサラリーマンにガネーシャが課題を出し、2人の対話形式でその本質が語られいきます。

「期待は感情の借金」というフレーズが頭に残りました。思うだけでは人は変われない。変われるのは行動したときだけなのです。

 

www.artbook2020.com

 

『電通とリクルート』

著者:山本直人 / オススメ度:★★★☆☆

広告業と一言で言っても、電通とリクルートでは全く違った動きをしています。

電通は"発散型"の広告を行なっており、商品を顧客に知らせ広げていきます。一方のリクルートは"収束型"の広告で、最終的に消費者に選択してもらうことを目的としています。

広告大手の2社を比較することで、消費社会の変化を明らかにしています。

 

 

『デジタル資本主義』

著者:森健・日戸裕之 / オススメ度:★★★★★

 デジタル技術が急速に進化する中で私たちの生活はどのように変わるのでしょうか。デジタル技術の発展によって移り変わる資本主義の流れを追いながら、その答えとなるかもしれない3つのシナリオがこの本の中で紹介されています。

 

www.artbook2020.com

 

『フィンテック』

著者:柏木亮二 / オススメ度:★★★★☆

数年前より所々で聞くようになった「フィンテック」。フィンテックとはFinance(金融)とTechnology(技術)を合わせて作られた造語で、主に、ITを活用した革新的な金融サービス事業を指します。

この本ではフィンテックが注目される理由から実際の金融機関への影響、フィンテックのこれからまでを知識ゼロの人にも分かりやすく解説しています。

 

www.artbook2020.com

 

『今さら聞けない!政治のキホンが2時間で全部頭に入る』

著者:馬屋原吉博 / オススメ度:★★★☆☆

中学高校で習った公民が分かりやすい図解を交えながらコンパクトにまとめられてます。政治に関する「結局どういう意味なの」という疑問が解決する一冊になっています。

個人的には自民党の派閥の一覧がまとめられていたのがとてもありがたかったです。

 

www.artbook2020.com

 

『超一流の雑談力』

著者:安田正 / オススメ度:★★☆☆☆

 みなさんは話し上手でしょうか、それとも聞き上手でしょうか。この本では雑談を単なる無駄話ではなく強力なビジネスツールと位置づけ、雑談力を上げるテクニックを紹介しています。

 

www.artbook2020.com

 

『難しいことは分かりませんが、英語が話せる方法を教えてください!』

著者:スティーブ・ソレイシィ 大橋弘裕

オススメ度:★★★★☆

私自身英語はあまり得意ではなく、英会話となると尻込みしてしまいます。しかし、この本はそんな私でも読みやすく、読んでいると英語を話したい!と思えてくる、そんな本です。 

 

www.artbook2020.com

 

 

『難しいことは分かりませんが、英語が話せる方法を教えてください!』

オススメ度:★★★★☆

私自身英語はあまり得意ではなく、英会話となると尻込みしてしまいます。しかし、この本はそんな私でも読みやすく、読んでいると英語を話したい!と思えてくる、そんな本です。

 

この本をオススメしたい人

・英語は読めるけど話せない
・使える英語表現を知りたい

 

『難しいことは分かりませんが、英語が話せる方法を教えてください!』

難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!

難しいことはわかりませんが、英語が話せる方法を教えてください!

 

著者:スティーブ・ソレシィ(1968〜)

人気英会話コーチ。アメリカン大学卒業。青山大学大学院・早稲田大学大学院大学修了。現在はNHKラジオ講師を務めている。

 

著者:大橋弘祐

立教大学卒業。大手通信会社から作家に転身。山崎元との共著『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』は20万部のベストセラーに。

 

日本人は英語が話せない?

日本人はしばしば、英会話が苦手だと言われます。

わざわざ指摘されるまでもなく、多くの人が苦手意識をもっているのではないでしょうか(私はバリバリ苦手意識持ってます。)

 

スティーブ先生はこの原因を、「学校教育の弊害で、英語の答えが一つだと思い込んでしまっていること」だと考えています。

 

たしかに思い返して見ると、英語の授業は文法メインで、話すときにも文法を過剰に意識してしまっています。

当然ながら英語も言語なので、唯一無二の正解というものは存在しません。一つの答えに執着して言葉がなかなか出てこないようでは、いつまで経っても英語は話せるようにはならないのです。

 

英語を話せるようになるためには、どんどんネイティブ相手に練習し、スピーキングのテストを受けていくことが重要になってきます。

とはいえ、急に話せと言われても困ってしまいますよね。スティーブ先生はそんな人のために、様々な場面で使える"釣竿表現"を紹介してくれています。

 

 

使える釣竿表現

この本で紹介されている釣竿表現のうち、私が特に使い勝手の良いと思ったものをいくつか紹介します。

 

そのまま使えるもの
*Would you ?: 相手に何かして欲しいとき
*May I ?  :自分が何かをしたいとき

 

これらの表現はアレンジすることなくそのまま使うことができます。

例えば、物をとって欲しい時はその物を指差してWould you ?と言えば、意思を伝えることができます。

 

アレンジして使う物

*May I have ○○ : ○○をお願いします(ください)

○○には欲しいものを入れて使います。

例えば、簡単な英語で話して欲しいときには
May I have that in simple English?とすれば良く、とても使い勝手がいいです。

 

道を尋ねられたとき

日本にいて一番英語を使う場面は道を尋ねられたときじゃないでしょうか。中学校でも道案内の表現を習った気もしますが、実際に使おうとするとすぐには出てこないものです。

そこで便利になるのが It's ○○ です

例) It's that way. あっちの道です。
  It's left. 左です。
  It's fifteen minutes from here. 15分かかります
 
その他で使える表現

*Businsee

Business is good/bad 経済状況が良い / 悪い
do business with ○○. ○○と取引がある。
〜 is good for business 〜によって繁栄する
This is business 仕事だから割り切る
 
 

英語を話す上で大切なこと

スティーブ先生の釣竿表現の最大の特徴は、難しいことでも簡単に言い直せるという点にあると思います。

受験を通じて私たちは多くの英単語を覚えているので、実際に英会話をしようとすると「あー、この言葉の英単語どこかで覚えたのに思い出せない…」とたじろいでしまいます。

 

正確な表現はそこまで重要ではありません。

この本の中で、英語が話せるようになるためにスティーブ先生が繰り返し強調していた点は

・実際に使うこと
・時間
・継続性
の3つでした。
 
今回のまとめには入れませんでしたが、この本の中ではビジネスにも有効な技術も数多く収録されていました。読むだけでやる気が湧いてくる本なので、ぜひ英語の勉強を始める前には参考にすることをオススメします。
 
 

 

【映画の紹介】『決算!忠臣蔵』は8文字【評価・あらすじ】

オススメ度:★★★★☆

11月に上映されてから大ヒット中の『決算!忠臣蔵』。『決算!忠臣蔵』は面白い?つまらない?

実際に見て確かめてきました。

 

この映画をオススメしたい人。

・気軽に見られる映画が見たい
・ついつい吹き出してしまうようなコメディが見たい

 

『決算!忠臣蔵』の評価・あらすじ

f:id:K_ArtforB:20191205144140j:image

 

あらすじ

1701年、赤穂藩主・浅野長矩は江戸にて幕府の高家であった吉良上野介に斬りかかるという事件が発生。浅野は即日切腹となり、お家が断絶してしまう。

吉良がお咎め無しと知り、いざ仇討ちと士気が上がる番方(武官)たち。一方で、残務整理に追われる勘定方・矢頭長助(岡村隆史)ら役方(文官)は冷ややかな表情。その狭間で悩み苦しむ筆頭家老・大石内蔵助(堤真一)だが、お家再興するにも仇討ちするのもとにかくお金がない!!

藩士の身勝手な行動や日々の生活費で予算はみるみる減っていく。藩の財務は火の車の中、赤穂藩はこの苦境を決算できるのか!?

 

 

忠臣蔵とは

忠臣蔵とは、実際にあった事件「赤穂(あこう)事件」を元にした創作作品。歌舞伎や演劇をはじめとする様々なジャンルでその作品が作られています。

 

赤穂事件

江戸時代中期、江戸城内において赤穂藩藩主・浅野長矩(ながのり)が高家肝煎・吉良上野介(きら こうずけのすけ)に切り掛かった。この結果浅野は切腹処分となったのに対し、吉良は不問であった。

当時の社会は喧嘩両成敗であり、喧嘩があれば双方が処罰されるのが普通であった。

 

これ判断を不服とした筆頭家老・大石内蔵助をはじめとする赤穂藩47人の浪士たちは、"仇討ち"のため討ち入りを決意。見事吉良の首をとった。

この後赤穂浪士は幕府の指示により切腹した。

 

*浅野が吉良に切り掛かった理由は不明

*高家肝煎…幕府おかかえのマナーコンサルタント

 

 

感想・評価

負けました。面白かったです。

私は歴史系の映画は『日本のいちばん長い日』のようなしっかりめの方が好きで、あまりこの映画は期待していなかったのですが負けました。シュールな笑いに思わず吹き出してしまいました。

内容は忠臣蔵ですが、私のような日本史に詳しくない人間でも困らぬよう随所に用語の解説が出てきます。なにより当時の金額を現代換算で出してくれるところがとても分かりやすかったです。

終始テンポもよく、忠実に史実に基づいている方がよい、という場合を除いて多くの人が楽しめる映画だと思いました。

 

 

テストの目標は100点を取ること

中学生、高校生のみなさんはテストの前に目標点数を決めると思います。その時どのように目標点数を決めていますか??

今までのテストの点を基準に決めている人も多いかもしれませんが、それは間違いです。正しい目標点を設定して、成績をアップさせていきましょう。

 

テストの目標は100点を取ること

f:id:K_ArtforB:20191203150607j:image

テストの目標は100点を取ることです。それ以外にはありません。最大限勉強の効果を出すためには、目標点は満点に設定するのが一番だと考えます。

 

目標を立てることの欠点

まず目標を立てる意味について考えてみます。

目標を立てる意味は一言で言えば頑張るためです。何も考えていなければ、テスト期間はあっという間に過ぎてしまいます。目標を立てることでテスト期間だということを意識するようになります。

 

目標を立てることは素晴らしいのですが、ここでひとつ、目標を立てることの欠点をお伝えします。

その欠点とは、目標を立てることによって、目標の分までしか頑張らなくなるということです。

 

目標に向かって頑張るということは、目標までしか頑張らないというのと同じです。持久走を思い浮かべてみると分かりやすいです。持久走には、一定の時間という目標があります。その時間の分までは頑張りますが、それを超えれば普通の人は走るのをやめます。目標を定めることは自分の努力のゴールを決めてしまうことなのです。

すなわち、最大限の努力をするためには目標点も最大にする必要があります。

 

 

テストは100点までしか取れない

テストの重要な性質として、100点までしか取ることができないということがあります。

例えどんなに頭がいい人でも100点が天井であり、2000点取る実力があったとしてもスコアに表れるのは100点までなのです。

 

この世で一番頭のいい人間(そんなものは計れませんが)というのは同率を除けば理屈上1人しかいません。しかし、100点というのは何人でも取ることができます。

 

学年で一位を取るというのは大変です。世の中には宇宙人のような頭脳を持っている人もいます。

別に彼らに勝つ必要はありません。

 

彼らが私たちの10倍頭がよかろうとも、100点を取ればスコア上は同じ実力を持っていることになるのです。

 

 

ゴールから逆算して努力する

目標が定まったならば、あとは努力するのみです。

このとき、ガムシャラに努力するのではなく、戦略的に勉強に取り組んでいきます。

 

たくさん頑張れば100点が取れるだろう、という考えてはいつまでも100点を取ることはできません。

どのように勉強したら100点を取れるだろうかと考えることがなにより大切です。

 

100点を取るためには一つの取りこぼしも許されません。試験範囲を隅々まで勉強していく必要があります。

しかし時間には限りがあります。100点を取るためには何を完璧にしなくてはならないか。その部分を完璧にマスターするためにはどのような勉強が必要か。常に俯瞰して考えながら勉強をすすめることが肝要です。

 

 

テスト勉強の目的

テストの目標を100点に定めたところで、最後にテスト勉強の目的について考えてみます。

 

勉強の目的とは、5教科ないし9教科という性質の異なる勉強を通して、勉強の仕方を学んでいくことです。

言い換えると、複数の教科に対し勉強方法を試行錯誤し勉強方法を抽象化することで、学習一般を習得することこそが、勉強の目的です。

 

「この公式は将来何の役に立つのだろう」といった浅い不満に固執せず、

「この問題が解けない」

→「この公式はどうすれば習得できるだろうか」

→「数学はどのように取り組めばいいだろうか」

→「どうすれば効率よく勉強できるだろうか」

と視野を広げることで、将来にも通じる思考力を身につけることができるのです。

 

 

【本の紹介】永野裕之『ふたたびの高校数学』【書評・内容】

オススメ度:★★★☆☆

みなさんは高校時代数学は好きでしたか??私は公文に長く通っていたこともあり、数学は1番の得点源でした。

この本は一言で言えば大人向けの高校数学の教科書です。もう一度数学に取り組んでみたい、という人が手元に置いておくにはとてもいい本だと思います。

 

この本をオススメしたい人

・もう一度数学を勉強してみたい人

 

永野裕之『ふたたびの高校数学』

ふたたびの高校数学

ふたたびの高校数学

 

 著者:永野裕之(1974〜)

永野数学塾塾長。東京大学理学部卒。同大学院宇宙科学研究(現JAXA)中退。高校時代には数学オリンピックに出場。数学の指導に定評がある。

 

面白かったコラム

幾何学を学ぶ意義

論理的思考力を鍛えるには、幾何学を用いるのが最も原始的かつ明解である。

 

解析幾何学とは

代数学…解法を一般化することは得意であるが、イメージがしづらい

幾何学…解法を一般化することは難しいが、イメージはしやすい

→解析幾何学…代数学と幾何学の長所を融合に成功

 

メルセンヌ数

Mn = 2^n - 1 :メルセンヌ数

Mnが素数の時…

N = 2^(n - 1)Mn は完全数である

*完全数とは、その数の約数のうち、その数を除いた数の和がその数に等しいもの。

例) 6 = 1 + 2 + 3 

 

函数

関数は中国から輸入した言葉で、元々は「函数」という字で書いていた。中国語で函数は「ハンスウ」と発音し、ファンクションの音訳だと考えられている。

 

感想

丁寧でグラフや図が見やすい以外は基本的に教科書と内容は変わらないので、勉強する気がない人が読み物として読むにはあまり向いていないかもしれません。

しかしところどころに挟まれているコラムはどれも面白く、知的好奇心をくすぐられるのでコラムだけでも読む価値はあると思いました。上の中見出しではそのうち私が知らなかったものや面白かったものをまとめました。

私は根っからの代数派だったので幾何学の面白みには学生時代気付けませんでした。この本で幾何学が原始的かつ本質的な分野だと知ることができ、数学全体に対する興味を広げられたのが、この本一番の収穫でした。

 

秋季(前半)で頑張ったことと頑張らなかったこと

大学の秋学期が半分終わったので、ここらで一旦反省でもしてみることにしました。

大学生の人は「こいつこんなことしてたのか」、社会人の人は「学生ゆるいなあ」とでも思いながら読んでおいてください。

 

秋季が半分終わった

f:id:K_ArtforB:20191203204352j:image

小学校や中学校の時は2学期制やら3学期制やらたびたび変わってややこしかった覚えがありますが、大学はどこも春と秋の2期制だと思います。

多くの学部の授業は週1回ずつ同じ授業を受けて、期末の試験に合格して終わりとなっています。

 

私の学部は少々めずらしく(?)、週に2回同じ授業があって、半期に1度テストがあります。おかげで授業の種類自体は少ないので楽と言えば楽ですが、やはりテスト疲れます。

 

そして今はまさに疲れのピークで、ゆっくりしようと思って入った喫茶店のコーヒーを速攻で飲み干しぐったりしております。

 

何はともあれテストは終わったので、頑張ったことと頑張らなかったことをちょこちょこ思い出してみようと思います。

 

頑張ったこと

勉強

本読んでりゃその辺の人より頭良くなるだろの精神でほとんど勉強せずに1年以上やってきましたが、限界を薄っすら感じるようになってきたので学外での勉強を始めました。

 

今は週におよそ10時間くらいは勉強するようにしています。これだけでテストがめちゃくちゃ楽になったので、大学生は勉強したほうがいいですよ()。

経済学部の1年生なら週に5時間くらい復習にあてればテストはだいぶ楽にクリアできると思います。

 

じっくり本を読む

本の選び方がここ最近で少しずつ変わってきました。今までは興味のある新書や売れている小説を中心に買っていましたが、段々と政治経済や最新技術関連の本が増えてきました。

 

本は量を読むことももちろん大切ですが、どこかで質も意識していかなくてはなりません。

大学教連の調査によると、大学生の半数の1日の読書時間がゼロだといいます。単純に考えて本を読むだけで大学生の上位半分に入れることになります。

 

…と、私も今まではこのように考え、いたずらに本を読むことも多かったのですが、最近考えが少し変わってきました。

 

「本を読むのは大前提だとして、そこから(長短期的に)何を学びとれるのか」ということを意識するようになりました。そのように考えるようになった結果、自然と選ぶ本にも変化が表れてたのです。

 

この他にも毎日読む新聞のメモをつけたりブログのアクセスを意識してみたりと、少しずつ良さそうなことを試しています。

 

頑張ったことと言いながら読み返してみればやっと普通の人間に戻った程度でしたね。

 

 

頑張らなかったこと

・プログラミング

・早寝早起き

・節約

・いろんな人に会う

 

来季頑張ります…