本と絵画とリベラルアーツ

本と絵画を通じて教養を身につけるブログ

印象派-エドゥアール・マネ

【絵画の解説】マネ「笛を吹く少年」は日本にどう影響を受けたのか

「笛を吹く少年」はマネの中でも特に有名な作品です。この作品の特徴はマネの影響を受けた浮世絵とベラスケスの面影が色濃く残されているところにあります。マネが影響を受けた日本とスペイン画家とは具体的にどういったものだったのでしょうか。わかりやす…

【絵画の解説】マネ「フォリー・ベルジェールのバー」【鑑賞】

コートールド美術館にて展示されているマネの最晩年の傑作「フォリー・ベルジェールのバー」。なんの変哲も無いように見えること絵画ですが、実はマネの人生の集大成ともいえるポイントが詰まっているのです。美術館で見る前にポイントを確認してみてはいか…

【絵画の解説】マネ「草上の昼食」はなぜ批判されたのか

今ではマネの代表作とも称される「草上の昼食」。しかし発表された当時は厳しい批判にさらされた作品でした。この絵はなぜ批判にさらされてしまったのでしょうか。その原因を分かりやすく解説し、またこの作品のオマージュとして描かれた作品も紹介します。

【画家の紹介】エドゥアール・マネ【写実主義・印象派】

近代絵画の父と称される写実主義・印象派の巨匠エドゥアール・マネ。しかしその人生は挫折の連続でした。彼はどのようにその地位を確立していったのでしょうか。マネの代表作「草上の昼食」「オランピア」「笛を吹く少年」とともにその人生と作品の特徴を解…