本と絵画とリベラルアーツ

本と絵画を通じて教養を身につけるブログ

【感想】『超筋トレが最強のソリューションである』を読んで腕立てを始めた

オススメ度:★★★★☆

みなさん筋トレは好きですか!?

私は運動全般が苦手なので筋トレにもいいイメージがなかったのですが、そんな私でも読んだその日から腕立てを始めてしまうような、そんな強力な本です。

 

『超筋トレが最強のソリューションである』

 著者:Testosterone(1988~)

筋トレ革命革命集団DIET GENIUS代表。筋トレのもつ可能性を信じ、積極的な普及活動を行っている。著書に『マッチョ社長が教える究極の悩み解決法』がある。

ちなみにテストステロンというのは男性ホルモンの名前です。

 

 

感想

最初に見つけた時は「またクセの強い自己啓発本が出たな」くらいに思って読み始めましたが、筆者の揺るぎない信念と圧力に次第に飲み込まれていきました。

 

ざっくりいえばこの本の要素は筆者であるTestosterone氏が固く信じている「筋トレはあらゆる問題を解決する」ということと、それを裏付けるエビデンスで成り立っています。

 

筆者の言葉はどれも破壊力抜群で、

・死にてえと思ったら筋肉を殺そう

・ダンベルと自分だけは生涯裏切らない

・世界のハイパフォーマーは必ずと言っていいほど筋トレしている

とどれもやる気の出るものばかりです。

 

さらにそれでもやらない理由を探す人に対して徹底的に言い訳をつぶしてまわります

 

一番響いたのが忙しいを理由に筋トレを避けようとする人に贈った、

「オバマがやっているんだから、時間がないという言い訳は通用しないというのは反論できない」

という主張です。

もうこれ言われたらどうしようも無いなと思いました笑。

 

 

とりあえず一気にこれを読み終えたあとは家に帰って腕立てをしました。

いつまで続くか分かりませんが、きっかけを与えてほしい人間にとってはとても優れた本だと思います。

 

ダイエットについても多く触れられているので、もし筋トレに興味がある、ダイエットに興味があるというひとは啓発のためにも読んでみるといいかもしれません。