本と絵画とリベラルアーツ

本と絵画を通じて教養を身につけるブログ

江戸フィルの定期演奏会に行ってきました

江戸川フィルハーモニーオーケストラ
《第38回 定期演奏会》

f:id:K_ArtforB:20191125113217j:image

江戸川フィルハーモニーオーケストラの第38回定期演奏会に行ってきました。今回は電子オルガンも加わりすばらしい演奏会でした。

 

演目

C.サン・サーンス 交響詩「死の舞踏会」Op.40

C.サン・サーンス 歌劇「サムソンとデリダ」より「バッカナール」

A.ボロディン 歌劇「イーゴリ公」より「ダッタン人の踊り」

---休憩---

C.サン・サーンス 交響曲第3番 ハ短調 Op.78「オルガン付き」

 

感想

江戸川フィルハーモニーオーケストラの演奏を聴くのは今回で2回目になります。前回のラフマニノフもとてもよかったですが、今回のサン・サーンスも大変素晴らしかったです。

サン・サーンスのメロディはどれも耳に馴染みやすいのが特徴です。今だったら映画の音楽なんかに使われそうな雰囲気があります。私が特に印象に残ったのは一曲目の「死の舞踏」です。この曲にはあえて狂わせたバイオリンが使われており、外れた音がまがまがしさを演出しています。このことをプレトークに聞いたとき、芸術性と完全性はイコールではないのだなと感じました。

是非また次回の演奏会も聞きに行きたいと思います。