本と絵画とリベラルアーツ

本と絵画を通じて教養を身につけるブログ

【名曲】眠れないときにオススメのクラシック5選【有名】

つらいことがあった日や、悩みを抱えている時などしばしば眠れないこともありますねよ。

そんな時、皆さんはどのように眠りに向かっていますか??

 

一昔前は眠れないときには難しい本を読めとか羊を数えたらいいとか言われていましたが、実際そんなに効果はないですよね...。

時間つぶしにスマホなんかを眺めてしまうとかえって目がさえてしまうこともあります。

 

そんなとき私がオススメしたいのはクラシックを聴くことです。

クラシックの名曲の中にはゆったりとしていて聴いていて落ち着いてくるものもたくさんあります。

 

私も受験期にはこれらの曲によくお世話になりました。

緊張と興奮で眠れないようなときでも、不思議とクラシック音楽を聴くと心が穏やかになってくるものです。

 

今回は私が実際眠れないときに聞いていたクラシックの名曲を5曲ほど紹介したいと思います! 

 

眠れないときにオススメのクラシック5選

f:id:K_ArtforB:20200109235929j:image

 

 

 ドビュッシー「月の光」


フジ子・ヘミング~月の光

 

まずは私の大好きなドビュッシーから。

ドビュッシーの曲は静かで優しいものが多いのが特徴です。

この『月の光』は私が眠れないときに一番よく聞いていた曲で、今では聞くだけで眠くなってしまうほどたくさん聞きました(笑)。

他には『アラベスク』や『亜麻色の髪の乙女』がオススメです。

 

 

ベートーヴェン「悲愴」


辻井伸行ピアノ・ソナタ第8番(悲愴)第2楽章

最近はアレンジされた曲が競艇のCMで使われていて耳にすることの多くなったこの曲。

もとの曲調はCMとは違ってとてもゆっくりで寂しげです。

悲しいことがあった夜などにいいかもしれません。

 

 

エルガー「愛のあいさつ」


エルガー:愛のあいさつ (ピアノ版)

次はエルガーの「愛のあいさつ」です。

「威風堂々」のように力強い曲もあるエルガーですが、この曲のように優しい気持ちになれる曲もつくっています。

子どもの頃によく見たNHK教育(現:Eテレ)で夕方にやっていたクインテットでよくこの曲が流れていたような気がします。 

小さいころによく聞いた曲は今でも聞くと落ち着きますね。

 

 

ショパン「ノクターン」


フジ子・ヘミング~ノクターン第2番/ショパン

繊細な曲の多いショパンからは「ノクターン」を選びました。

「ノクターン」の演奏の中でもこのフジ子・ヘミングによるものは特に好きで、この美しい旋律とすべてを包むような優しい雰囲気は、聞いていると自然と涙が流れてしまいそうな気持になってきます。 

まだフジ子・ヘミングの演奏で聞いたことが無いと言う人はぜひこの機会に聞いてみてください! 

 

 

パッヘルベル「カノン」


パッヘルベル カノン

最後は聞くと卒業式を思い浮かべる人も多いかもしれないこの曲です。

一直線に眠りまで、とはいかないかもしれませんが興奮してしまっている時に落ち着くのにとてもいい曲ですね。

また気持ちが穏やかな時に聞くと少し元気が湧いてくる曲でもあります。

 

*****

 

いかがでしたでしょうか?

受験も本格化してくるこのシーズン、なかなか眠れなくて辛い思いをしている人も多いと思います。

 

そんな夜には、これらのクラシックを聴いてそっとベットで目をつぶってみてはいかがでしょうか??