本と絵画とリベラルアーツ

本と絵画の解説

サイゼリヤのランブルスコ(ロゼ)は超お得ワイン

みなさんサイゼリヤは好きでしょうか。

 

頻繁に利用するかは別として、今まで一度も利用したことないという人は少ないのではないでしょうか。

 

激安ゆえしばしば治安が悪い時もありますが、基本的には安くて食事から休憩まで使えるファミリーレストランとして人気を博しています。

 

 

サイゼリヤはイタリアンレストランを名乗るだけあり常時数種類のイタリアワインを用意しています。

 

通常のサイゼリヤでは〜10種類程度のワインが提供されています。ところが、中にはもっと多くの種類のワインを揃えている特別な店舗もあるそうです。

私もぜひ探して行ってみたいと思っています。

ご存知の方いらっしゃいましたらぜひ教えてください〜

 

さてそんなサイゼリヤですが、この夏より新しく加わったワインがあります。

それがこのランブルスコ(ロゼ)です。

f:id:K_ArtforB:20190818222708j:image

 

爽やかでスッキリとした夏にぴったりの味でとても好評なようです。

 

グラスで189円、ボトルサイズで1080円と超お手頃なこのワインですが、実はめちゃくちゃモノの良いワインなのです!

 

 

ランブルスコとは

 ランブルスコとはスパークリングワイン(発泡性のワイン)の一種で、北イタリアでランブルスコ種のブドウからつくられています。(ワインはブドウの種類によって大まかな味が決まるため品種が重要になっています。)

 

ランブルスコはスパークリングワインの中でも知名度が高く、スペインのカヴァ、フランスのシャンパンとならんで世界三大スパークリングワインとも呼ばれます

 

 ランブルスコといっても決まったワインがあるわけではなく、赤ワインを中心に白ワイン、ロゼのランブルスコも作られています。

 

 

サイゼリヤのランブルスコのすごい秘密

サイゼリヤで出されているランブルスコの正式名称は「メディチ・エルメーテ ランブルスコ・ロザート ドルチェ」といいます。とても長いですね。

 

これを分解して解読すると、メディチ・エルメーテというワイナリー(日本酒における蔵元にあたる)で作られた、ロザート(イタリア語でロゼのこと)のランブルスコで、糖度が高く甘いワインだということを表しています。

 

 

さてこのメディチ・エルメーテというメーカーですが、ランブルスコ界ではトップに君臨する伝説的なワイナリーなのです!

 

メディチという言葉をみなさんもどこかで聞いたことがあるのでしょう。

そうこのメディチは中世イタリアでフィレンツェを支配していた名家メディチ家のことです。

 

大富豪であったメディチ家は15世紀にはレオナルド・ダ・ヴィンチやミケランジェロ、ラファエロら一流の芸術家たちを保護することで、ルネサンス開花にも大きな役割を果たしたことでも知られています。

 

 

このワイナリーは13世紀にメディチ家の一人がワイン造りに目覚め北イタリアに移住したのが始まりといわれています。

もともとランブルスコは安い大衆ワインとして扱われ、一流ワインからは程遠い存在でした。

その後月日が流れ、19世紀にメディチ・エルメーテはランブルスコを改良し一流のワインに作り替えます。するとこのワインはイタリアのグルメ雑誌で最高評価を7年連続で獲得するまでになり、ワイナリー、ランブルスコともに一流のものとして認められるようになりました。

 

メディチ・エルメーテはランブルスコをスターに押し上げた歴史的なワイナリーなのです。

 

そのランブルスコ界一の作り手であるメディチ・エルメーテのワインをサイゼリヤではたったの189円から楽しむことが出来ます。

このロゼワインは甘く爽やかなので重い赤ワインが苦手という人や白ワインの辛さがあまり好きではないと言う人でも飲みやすくなっていると思います!

 

ぜひサイゼリヤを訪れた際には頼んでみてはいかがでしょうか。

 

 

サイゼリヤ?サイゼリア?

最後にたびたび混乱させられるサイゼリヤサイゼリア問題ですが、正解はサイゼリヤです。

 f:id:K_ArtforB:20190818232135j:image

 

なぜかグーグルで検索するとサイゼリアと出ますが、サイゼリヤホームページを見ると"サイゼリヤ"となっているのでこちらが正しいようです。